よくある疾患について

日常でよく耳にする疾患について。

※鍼灸・整体の不適応のもの含まれます。

よくある疾患について

糖尿病

糖尿病は、血糖値が慢性的に高くなる病気で、インスリンの分泌や作用に問題があることで発症します。主に以下の2つのタイプに分類されます: 1型糖尿病 1型糖尿病は、自己免疫疾患により膵臓のベータ細胞が破壊され、インスリンの生成ができなくなること...
よくある疾患について

子宮筋腫

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ、英: Uterine fibroids)は、子宮の筋肉層に発生する良性の腫瘍です。これらの腫瘍は通常、ホルモン(特にエストロゲンとプロゲステロン)に依存して成長します。 子宮筋腫の特徴 形状と大きさ: 子宮筋腫は...
よくある疾患について

ヘルニア

ヘルニア(hernia)は、臓器や組織が本来あるべき場所から飛び出してしまう状態を指します。一般的なヘルニアの種類には以下があります: 鼠径ヘルニア(そけいヘルニア):最も一般的なタイプで、腸や脂肪が腹壁の弱い部分を通って鼠径部(脚の付け根...
よくある疾患について

腎疾患について

腎疾患(じんしっかん)は、腎臓の機能が低下または障害される状態を指します。腎疾患は急性と慢性の2つに大別されます。 急性腎疾患 急性腎疾患(急性腎障害、AKI)は、腎機能が急激に低下する状態です。原因には以下のようなものがあります: 重度の...
よくある疾患について

結石について

結石(けっせき)は、体内に固体の塊が形成される状態を指し、主に尿路結石と胆石の2つが一般的です。 尿路結石 尿路結石は、腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿路にできる結石です。主な症状には、以下のようなものがあります: 激しい腰痛や腹痛(結石が尿...